募金について

 

寄付・募金についてのご案内

あなたの思いやりが多くの貧しい子どもたちのための学校建設支援の資金になります。
ネパールをはじめ、タイ、ラオス、ベトナムなどの貧しいアジアの国々には勉強をしたくても思うように学ぶことができない子どもたちで溢れています。

皆様の暖かいご支援をお待ちしております。

途上国の子供達募金振込先口座 三菱東京UFJ銀行 渋谷中央支店 普通口座 0120538 名義 国際学校建設支援協会 理事長 小林ゆり奈

【学校建設募金】
学校の建設費用に充てられます。一口3000円

【会費】
正会員 年会費30000円
賛助会員(個人)  年会費10000円
法人会員  年会費30000円

NPO法人になりましたので、法人名義の口座に変更になりました。但し、以前掲載しておりました三菱東京UFJ銀行の口座も混乱を避けるため引き続き利用可能となっております。

サポーターさんを募集中のプロジェクト

下記のプロジェクトでサポーターさんを募集しています!

種類
学校建設 Chandrawati School
地域
Nepal Gandaki zone Tanahu Chundi
予算
280万前後
詳細
この学校は600人もの生徒が通う大きな学校です。メイン校舎の老朽化が激しく今にも床が抜けてしまいそうな状況です。2階建ての校舎の建て替えリクエストが来ています。

   

種類
教材支援
地域
Nepalの小中学校
予算
3~5万
詳細
先生の教材、本、テキスト、学級内に掲示するポスター類等、その学校が必要としている教材を支援しています。

種類
人身売買シェルター支援
地域
ポカラ近郊
予算
シェルター 50000円 1口/年
詳細
ネパールNGOシャクティサムハが人身売買の被害にあった女の子達を保護し、生活の場所をっています。震災後、人身売買の被害は増えると予測されています。シェルターの増設のため、シェルターオーナーへのご協力をお願いいたします。
  

  
種類
制服支援
地域
ラオスの幼稚園・小中学校
予算
制服1セット(女子児童は巻きスカートとシャツ・男児児童はズボンとシャツ) 2000円
詳細
貧困家庭の子ども達は学校制服を購入することができないケースがあり、どの村でも10%~20%ほどの貧困家庭が存在しています。制服を買うことができないと学校を辞めてしまう可能性もあります。カム族の女性たちに職業訓練を行いお仕事として制服づくりをオーダーし、出来あがった制服を各家庭に配布します。村にある制服の数が増えると、兄弟姉妹や親戚同士でおさがりがもらえ、着れない子の数がぐっと減ります。
種類
奨学金支援
地域
Nepalの小中学校
予算
年間7000円~12000円
詳細
貧困家庭の子ども達(特に片親であったり、両親ともにいない場合)は学校で使う教材、文具、本などを準備する事が出来ません。勉強が好きで、成績も優秀な子ども達の教材不足をなんとか解消していきたいと考え支援を行っています。

学校を建ててみませんか?

ISSCでは、学校を建設・補修して下さる方や団体さんを募集しています。

ラオスやネパールにおいて、ボロボロの校舎で学ぶ子ども達が沢山います。

ISSCでは約200万~300万のご支援で安全に通う事が出来る学校を作ることができます。(大学生の団体さん向けのプロジェクトも対応できますので、個別にお問い合わせください。)

 →→→→→→→→ 

        壁のない校舎が        →→→→→→→→→→       こんな立派な校舎に!!

 

奨学金について 学生団体の紹介 ブログ ネパールでの活動,Nepal ラオスでの活動,Laos